参考データ

バンク登録指導者の活用指針

しずおかスポーツ人材バンク「運動部活動バンク」の活用にあたり、静岡県教育委員会健康体育課が示す下記の指針に準拠する。

運動部活動の外部指導者活用指針

1 趣旨

この指針は、運動部活動の外部指導者を活用しようとする学校が配慮すべき事項を定めるものとする。

2 外部指導者の活用に当たっての留意事項

(1) 学校は、次の事項を外部指導者に対し明確に示さなければならない。

ア 外部指導者に指導を依頼する目的及び具体的な指導内容
イ 学校の活動時間(年間)、練習施設、設備及び部員数
ウ 指導の依頼期間
エ 外部指導者に支払う謝金等について
オ 学校の判断により活用を中止する場合について

(2) 運動部活動の顧問教員は、月単位で外部指導者の指導予定日を把握するとともに、変更が生じた場合の連絡方法を確認すること。特に、週休日や休日の練習における変更についての連絡体制を整備すること。

(3) 施設使用上の遵守すべき内容を示した校内の規程等を外部指導者に周知徹底すること。

(4) 部員の指導のために、必要な情報を外部指導者に伝えること。また、指導上知り得た秘密を他に漏らしてはならないよう外部指導者に周知徹底すること。活動終了後も同様である(守秘義務)。

(5) 学校行事等の月間(週間)予定表等を利用し対外的な練習計画に役立てること。

(6) 部活動の目標設定については、学校及び部員等の実態に応じた適切なものとすること。

(7) 外部指導者の指導を部員のみならず教職員、生徒及び保護者に周知すること。

(8) 外部指導者にスポーツ安全保険への加入とその内容について、周知すること。

(9) 外部指導者の指導状況を把握するため、期日、時間、指導内容等を記録する指導実績簿を作成すること。

(10) 顧問と外部指導者の良好な人間関係を構築し、指導の効果を高めるとともに効率的な指導を心掛けること。また、生徒の体調等に留意し、バランスの取れた学校生活となるよう配慮すること。

3 その他

この指針は、学校の運動部活動及び外部指導者の実態等を踏まえ、必要に応じて見直すものとする。

グッドコーチ像

  • スポーツを愛し、その意義と価値を自覚し、尊重し、表現できる人
  • グッドプレーヤーを育成することを通して、豊かなスポーツ文化の創造やスポーツの社会的価値を高めることができる人
  • プレーヤーの自立やパフォーマンスの向上を支援するために、常に自身を振り返りながら学び続けることができる人
  • いかなる状況においても、前向きに、ひたむきに取りくみながら、プレーヤーと共に成長することができる人
  • プレーヤーの生涯を通じた人間的成長を長期的視点で支援することができる人
  • いかなる暴力やハラスメントも講師・容認せず、プレーヤーの権利や尊厳、人格を尊重し、公平に接することができる人
  • プレーヤーが社会の一員であることを自覚し、模範となる態度・行動をとれるよう導くことができる人
  • プレーヤーやプレーヤーを支援する関係者(アントラージュ)が、お互いに感謝・信頼し合い、かつ協力・協働・協調できる環境をつくることができる人

グッドコーチに求められる資質能力(思考、態度、行動、知識、技能)

グッドコーチ像