スポーツサポーターバンク

趣旨・目的

社会総がかりの教育に向けた地域の人材活用により、新しいスポーツ人材バンクを構築し、専門性を有する人材を学校部活動等に活用し、きめ細かな指導の実現を目指します。

運動部活動への紹介手順

登録サポーターと学校(依頼者)とのマッチングは、次の手順で行います。

  1. 県体協は、条件が適合する候補となる学校とサポーターを検索します。
  2. 県体協は、候補のサポーターに「サポート依頼者データ」を伝え、マッチング開始の承諾を得ます。
  3. 県体協は、学校に「サポーターデータ」を伝え、マッチングを開始します。
  4. 学校は、候補のサポーターに連絡し、必要に応じ面接を行い、具体的な内容を交渉します。
  5. 県体協は、原則として面接に立会い調整します。
  6. 学校は、サポーターと契約を取り交わした場合、契約成立を県体協に報告します。

お願い

部活動におけるスポーツ医・科学の側面からのサポートは、安全で安心な活動が期待できるだけでなく、効果的・効率的な活動により、高い活動成果が望めます。また、日常生活でのサポーターである保護者にとっても、スポーツ医・科学の知識や知恵は、欠かせないものです。日々、部活動に懸命に取り組む生徒を取り巻く多くの方にも研鑽の場を提供します。

このようなスポーツ人材バンクをより良いものになりますよう、皆さま方からご声援とご協力をお願いいたします。